ひらがなかんじ〜いいかんじ〜

想像したら、創造できた。初めての事。自己満足の世界へようこそ!

kidoairaku

2013年12月

流行語大賞。

このエントリーをはてなブックマークに追加
あっ。


…年の瀬。

あれやこれやしていたら、色々やっていない事に気付きつつ
気付かないふりもしつつつつつつつ。

この1年を振り返る余裕がないのは何故だろ〜と
ぼんやり考える。
(そんな暇あるなら、振り返ればよろし。うはは)


という事で。
流行語大賞に「倍返し」「じぇじぇじぇ」「おもてなし」等が
選ばれましたが…。

なんといっても、今年のMY流行語大賞は

「感情失禁」です!

おめでとうございます!!!!!!!!!!


歳を重ねると、涙もろくなったり
胸に秘めてた言葉が、ポロポロと口に出ていたり。
ま〜、そんな事がよくあるのよね〜。

と、話していたら
「我が家では、それを『感情失禁』と呼んでいるのよ♡」
とかわゆい奥様のお言葉。

!!!!!!!

的を得ていて、素敵♡

でちゃうんです。
放っといたら、出てるんです♡
感情が、あふれてくるのです♡

(♡をつけても失禁という言葉は強いかしら?)



そんな訳で、来年もどんどん感情失禁していこうと!
空を見上げて誓うのでした。

(雪が、雪がね。かいてもかいても降りしきるから〜)



どうぞ、良いお年をお迎えください♪


すこしだけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
第二弾!卒業制作講習会!

e97c5704.jpg


どど〜ん!と行って参りました。
滝川第一小学校。
到着して、学校に入るなり軽快な音楽が…。
ちょうど、お掃除の時間だったようで縦割り班のこども達が
玄関のお掃除中。
「こんにちわ!!!!!!!」と元気の良いご挨拶に出迎えられ
心、ホコホコ。

上級生が下級生にお掃除のやり方を教えて、毎月違う場所を順番に
お掃除していくのですって!
6年間で、学校の全ての場所をお掃除できるのかな〜?
なんかいいな〜。このシステム

校長先生と談笑させて頂き、前日に行われた4年生の
「1/2成人式」のお話を聞かせていただきました。
10歳という節目の年に、保護者の方々が企画されるそうです。

赤ちゃんではなく、大人ではなく、ちょうど真ん中の10歳。
伝えたい事は山ほどありますよね。
話を伺ってるだけで、胸がジーーーーーーーン。
校長と一緒に、ジーーーーーーーーーーーーン。

ぬぐって…

6年生。
卒業式で使いたい漢字と言葉を、あらかじめ考える授業をしておいて
くださり(なんて準備万端!)またしても円滑な流れ。

自分の作品を創る前に、ひらがなを漢字のように描く練習を
してもらいました。
お手本??を描いた時に、背後から

「おおおおおお〜」

と言う声。

「ナルホド!そういう事か!」
「はは〜ん」
「へ〜」
「み〜える〜〜〜」

等などを含んだ「おおおお〜」に聴こえました。


8f8ec7af.jpg


それから、創作。
ひとりひとり使いたい漢字のチョイスから
その漢字から連想する想いの言葉。

「ちょっと無理ありますか?」
「こうしたいんですけど」
「ひらがなに見えてきません!」
「もう一個創っていいですか?」

たっくさんの質問と相談と長蛇の列と
…であっという間の2時間。

「今回は休憩をいれます!」
なんて事を申しておりましたのに。。。
失礼致しました。

しかしながらです。
全員創造できたのです。

同じ「夢」でも様々な想いがあるのです。

一人一人が素晴らしい。

角は角で、ハライはハラって。
形の特性に注意して。

想いを込めた作品を卒業式で見てもらおうね♪

…ほんの少しだけ、先生になった気分。
戯れる小さいおばさんは、三学期にも出没予定です。

良いお年をお迎え下さい。
いろんな感動をありがとうございました。

b1c6cd61.jpg

ボカしすぎてしまった。ごめんなさい。
滝川第一小学校6年生の皆さんの「友情」


幼少。

このエントリーをはてなブックマークに追加
まだ、彼女は2歳だったの?
じゃあ、私は10歳だったの?

小さい頃、近所の公園で遊んでいたら
やっぱり近所の小さな子がなついて
一緒に遊んでたってな事があるわけです。

世代は違うから、学生生活には関わってなかった
けど、雪祭りに連れて行ったり、なんじゃりかんじゃり。
なんというか親戚みたいなご近所付き合い。

そこの姉弟は、妹的な弟的な存在だったりする訳です。

彼女は中学生の頃、重い病気にかかり
命のやり取りを経験しました。
私は初めて、ドナーという言葉を知りました。
闘病中、一緒に闘っていた多くの友を亡くし
私には、とても計り知れない経験をしている彼女。
ただただ祈りを捧げた日々でした。


彼女を知っている人は、若いのに落ち着いている。
とても大きな心で明るい人だと。そういいます。
病気の事は伝えていないのです。
自分の苦労話はしないのです。

闘争心ではなく、いろんな事に挑戦しています。

たまたまご縁をいただいた現場に彼女が出演する事を
聞きました。
とてもとても不思議な感覚でした。

まさか、はな垂れっ子だった彼女の晴れ舞台に
スタッフとして参加できるなんて!
綺麗にメイクして綺麗な衣装をまとって群舞の中にいても
すぐにわかります。
緊張してるのがすぐにわかります。

本番前に、いつもの笑顔で♪と声をかけました。
「み〜ちゃんの顔みたら、緊張がとけたよ〜。安心した!」

(み〜ちゃんって…言っちゃうよね〜…)

ほんの少し、緊張がとれたようで「てへ」って顔して
「にこっ」と踊っていた。

舞台の裏方さんになりたかった理由。
出演者が安心して舞台に立てる様に送り出すこと。
「安心」
それが私の求めていた物。
だからこその技術だったり経験だったりが必要だった。


結果、私の方が彼女からの最上級の褒め言葉を頂いて
本番に挑むことができました。

大きく優しい彼女は自慢のご縁です。
いろんな事を教えてくれます。
ありがとう


その弟は、先日結婚をしました。
ん〜、立派になって!
かわゆいお嫁さん。
何かあったら、小さい頃のあんな事やこんな事を
内緒で教えます。お問い合わせください。
末永く、お幸せに〜



4912e647.jpg

お世話になりました。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。

お問い合わせ
ひらがなかんじ
〜いいかんじ〜
についての問い合わせは
コチラのメールから
お願い致します。

お問合せ
ギャラリー
  • 晩秋〜♪
  • 晩秋〜♪
  • 晩秋〜♪
  • 大通食堂。
  • 大通食堂。
  • 大通食堂。
プロフィール

ひらかん

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ